ハマワインはナチュラル志向

ハマワインは、大地にも私たちの体にも負担をかけないいように、できる限り化学的なものは使わないワイン造りをしています。ハマワインでは、果実の生命力に少しだけ手を貸して、ワインつくっています。

濾過しない、補糖しないを基本姿勢に、ブドウ本来の風味を大切につくっています。


ワインは生きています。時間が経過する毎に、香・味が少しずつ変化します。時間が経過する、あるいは温度が低いところで保管すると、ワインに溶け込んでいる果実の成分が沈殿します。これは身体に害を及ぼすものではありませんが、より美味しくワインを楽しまれるためには、しばらく瓶を静かに置いて、沈殿物を沈めたあと、ワインを静かにグラスにそそぐか、別の容器に移し替えてお召しあがりください。

アルコール低めの飲みやすいワイン


ハマワインのアルコールは約10%。ワインとしては低め、果実のフレッシュ感が最初に広がり、飲みやすく感じます。
アルコールは体質的に弱いという日本人の体質にも合うワインです。やさしい味が特徴です。「赤は肉、白は魚」といった概念にとらわれずに、お食事とあわせてお楽しみください。日本の食卓にそっとよりそいます。

果実のつくり手、ワインのつくり手に、少しだけ思いを馳せながら、お召し上がりいただけたら幸いです。

気軽にエコアクション!

横濱ワイナリーでは、リユースびんの活用を推進しています。
ひと昔前までは、牛乳や醤油などを買いに行く際に、空の一升瓶をもって買いに行く光景が都市部でも一般的だった時代がありました。自分の食材は容器も含めて自分たちで工夫していました。「エコ」という特別なことではなく、「工夫」という普通のことで、快適な生活ができていた時代でした。それを過去として回顧するのではなく、気候変動による環境の変化が深刻な問題となっている今、一人ひとりができる身近なアクションとして皆さんにもリユースびんの活用が再度拡がっていけばと思います。
季節にもよりますが、醸造タンクからの瓶への直汲みも体験いただけます。


ハマワインのロゴについて

ハマワインのロゴは、樽とかもめをあしらっています。海の青とブドウ畑の緑と果実の紫を使って、横濱初のワイナリーを表現しています。


横浜が選んだ横濱ブランド

ハマワインは、ヨコハマ・グッズの審査基準(第18期)を満たしています。詳細はWebサイトをご覧ください。

横浜のおみやげとして、ご贈答や帰省のおみやげにもぴったりです。




※ハマワインは無濾過製法のため、高温にさらされることを嫌います。7月〜8月までは、全商品クール便にてお届けいたします。そのため、クール便料金を別途いただきますのでご了承ください。